ペットの病気辞典|岐阜県大垣市の動物病院、ペットクリニック、波須ペットクリニック

0584-73-0141

ペットの病気辞典

  • 犬がかかる病気
  • 猫がかかる病気
  • ハムスターがかかる病気
  • うさぎがかかる病気

犬がかかる病気

犬ジステンパーアデノウイルスによる感染症で、発熱、嘔吐、下痢、扁桃腺の腫れ、目(角膜)の白濁といった症状を起こします。
仔犬は突然死する場合があります。
犬伝染性肝炎アデノウイルスによる感染症で、発熱、嘔吐、下痢、扁桃腺の腫れ、目(角膜)の白濁といった症状を起こします。
仔犬は突然死する場合があります。
犬アデノウィルス
2型感染症
肺炎や扁桃腺などの呼吸器病をひき起こします。現在2型のワクチンで1型の犬伝染症肝炎も予防できることから、主に2型ウイルスによるワクチンが用いられています。
犬パラインフルエンザ単独での感染症よりも、他のウイルスや細菌と混合感染して気管支炎や肺炎など呼吸器系の疾患を起こすものとして知られています。激しい咳が特徴です。伝染力が非常に強く、病犬との接触や咳、くしゃみなどから空気感染をします。
犬コロナウイルス
感染症
腸炎をひき起こす感染症で、感染した病犬の便や尿にウイルスが放出され、経口感染します。嘔吐と下痢が起こります。潜伏期間は1~2日で、軽い胃腸炎の症状の後、多くは回復します。
犬レプトスピラ症犬だけではなく他の動物や人にも感染する可能性がある伝染病で、病原菌は尿中に排出され、尿に接触することにより感染します。ねずみの尿も感染源になります。症状には2タイプがあり、<黄疸出血型>は、黄疸の他に嘔吐、下痢、歯茎から出血、血便などがみられます。<カニコーラ型>では、嘔吐、下痢による脱水症状、体温の低下などがみられ、手当てが遅れると尿毒症を起こし、死に至ります。

猫がかかる病気

猫ウイルス性鼻気管炎感染猫のくしゃみや分泌物などからうつります。症状は、急に元気がなくなる、食欲がなくなる、発熱、鼻水、くしゃみ、目ヤニがでる、といったものです。下痢をし、脱水症状を示して衰弱が進み、死に至ることもあります。
猫カリシウイルス
感染症
かかりはじめは、くしゃみ、鼻水、咳、発熱といった鼻気管炎と大変よく似た症状がみられます。さらに症状が進むと、舌や口の周辺に潰瘍ができます。2次感染が起きると肝炎を併発して死ぬこともあります。感染猫との直接の接触で伝染しますが、くしゃみの飛沫による拡散や、手、衣類、食器など間接的な媒介物も感染経路です。
猫汎白血球減少症パルボウイルスが原因で、感染力が強く、感染してから急激に症状がでることもあります。最初は食欲が無くなり、水も飲まずにうずくまった状態になります。白血球が極端に減少し、発熱、激しい嘔吐、血便や下痢が始まり脱水症状をひき起こします。感染猫との接触だけでなく、感染猫の便や尿、嘔吐物で汚染された物、ノミなどの外部寄生虫によっても拡散されます。
猫白血病ウイルス
感染症
オンコウイルス(レトロウイルスの一種)によって引き起こされ、体重減少、発熱、脱水、下痢などの症状が出ます。名前の通り白血病の原因となったり、この他にも免疫力が低下し、流産や肝臓病、リンパ腫などの原因にもなります。
猫クラミジア感染症主な症状は粘着性の目ヤニを伴う慢性持続性の結膜炎です。鼻水やくしゃみ、咳などがあらわれ、気管炎、肺炎などを併発し、重症になった場合には死亡してしまうこともあります。
感染経路は感染猫との接触です。

ハムスターがかかる病気

湿性皮膚炎部分的なハゲが手足の付け根にでき、皮膚が赤く腫れカサカサになります。痒みはほとんどありません。肥満のハムスターに多くみられます。ゲージ内は高湿度にならないように注意しましょう。症状がみられたら、通院する必要があります。
頬袋脱ハムスターには口の中に大きな頬袋が左右に二つあります。その袋が反転し、口から飛び出したままになってしまうことがあります。ほとんどの頬袋脱は急に発生します。頬袋脱が発生してから時間が経つと、損傷が激しくなり治療が難しくなりますので、早めの治療が望まれます。

うさぎがかかる病気

毛球症新聞やペットシーツ、また毛づくろいによって毛を飲み込むことにより、胃や盲腸につまる病気をいいます。うさぎは吐くことができないため、一度入ったら手術で取り出すか便にして出すしかありません。症状は食欲不振、便の減少などです。
繊維の多い食事(牧草など)を与えるように心がけ、むだ毛をブラシで除去して食べさせないようにします。

pagetop